• ホーム
  • ノートpcでもできる中古ドメインの調査とゾーン情報

ノートpcでもできる中古ドメインの調査とゾーン情報

中古ドメインはインターネット上で売買されているのでノートpcでもスマホでも購入可能ですが、購入前の事前調査がとても大事になっています。
調査はいくつかの手法がありますが、Webで完結することが多いのでノートPCでも対応可能です。
ただし、スマホでの調査は難しいことがまだまだ多いです。

ノートPCで中古ドメインを調べるには主に3つのポイントがあります。

1つはゾーン情報の確認です。
ゾーン情報はDNSサーバに登録された情報なので無くした中古ドメインも多いので絶対必要ということはありませんが、メールの利用や、サブドメインの有無などが確認できます。
特にサブドメインの数は重要です。
サブドメインが多い中古ドメインはウェブサイトの評価が割れている場合が多いからです。
もちろん、コンテンツがどれも素晴らしければ高い評価の場合も多いのですが、サテライトサイトまでサブドメインで行っている場合は要注意です。
ウェブサイトについてはドメイン履歴をチェックしてくれるサービスを利用すれば確認できます。

2つめはバックリンクです。
ブログやSNSからのリンクはとても重要性が増しています。
特にSNSからのリンクは検索サイトでの評価が高まっており、拡散されている度合いによっても価値が出てきます。
バックリンクを調べてくれるウェブサービスも増えており、中古ドメインの調査では必須とも言える情報です。

3つめは検索サイトでのドメイン検索です。
ドメイン検索は検索サイトがどのように評価しているかを表しており、インデックスが多ければ多いほど評価が高いともいえます。
また、インデックスからはウェブサイトのキーワード、カテゴリが推定できるので調査は確実にしておきたいです。