• ホーム
  • 中古ドメインの販売屋と駆動設計について

中古ドメインの販売屋と駆動設計について

中古ドメインはたくさんの効能があることが分かっており、販売屋も多数あります。
しかし、従来の中古ドメインの販売屋とは変わってきています。

もともとの販売屋はアルファベットの綴の良し悪しで価格を決めてきていました。
しかし、中古ドメインの効能がはっきりしたことでアルファベットの綴よりも効能自体の評価で価格を決めることが増えています。
特にサテライトサイトでの運用のための購入が増えていることから効能をチェックし、情報を提供しながら販売する場合が多くなっています。

中古ドメインの効能で重要なことはバックリンクの数であり、サイトの駆動設計にも関わるポイントとなっています。
多くの場合、メインサイトのみで運用するのではなく、サテライトサイトまで用意してPVやリンクの駆動設計をする場合が増えています。
ただし、サテライトサイトは検索サイトからのペナルティに繋がりますので露骨な設計はできません。
サテライトサイトといえば無料ブログを使って数を増やすことが多かったのですが、無料ブログでの効果が下がってきていることから、中古ドメインの活用が注目されています。

中古ドメインは一度でもウェブサイトとして活用されたドメインが重要であり、可能な限り検索サイトからの評価が多いドメインを探すことが重要と考えられています。
検索サイトではウェブサイトがあれば評価をし、インデックス化します。
インデックスはキーワードなども含まれており、サテライトサイトのコンテンツの指針となるケースも多いです。
インデックスが多いドメインはそれだけ価値があることになりますし、新規のウェブサイトでのすぐにPVが上がり、バックリンクの価値も高くなると期待されています。