• ホーム
  • 中古ドメインは新規ドメインに比べて初期費用がかかる

中古ドメインは新規ドメインに比べて初期費用がかかる

パソコン

ドメインというのはインターネット上の住所にあたるものです。
URLなら皆さんも私生活で何度も目にしているかと思います。
httpやhttpsから始まる名前のことになります。
URLにはいくつか決まりごとがあり、商用目的の場合は「.com」ネットワークは「.net」他にも「.jo」などがあります。

企業などがホームページを構築する場合にこのようなドメインが必要になりますが、個人でもドメインは取得でき、任意の名前と「.com」などのドメイン名でサイトを立ち上げる事ができるのです。

これからインターネットにホームページを立ち上げる場合には、新規にドメインを取得する方法と、中古ドメインを使用する方法があります。
新規にドメインを取得する場合はドメイン名を申請して登録しなければなりません。
新規の場合は比較的費用は安くてすみますが、検索エンジンに載るようになるためには時間がかかることになります。

中古ドメインの場合は期限切れとなったドメインを取得することになります。
ドメインには期限があり一年で更新しなければなりません。
更新されていないドメインは期限切れとなり中古ドメインとして扱われます。

中古ドメインの特長は被リンクやページランク、運用履歴を引き継ぐことになります。
質のいい中古ドメインを見つける事ができればSEO対策としてとても有効であると言えます。
しかしその分初期費用は高いということになります。

これからサイトを立ち上げる場合に新しく育てていきたいという場合は費用も安く済む新規ドメインがオススメということになります。
SEO対策を考えて中古ドメインで被リンクやページランク、運用履歴を引き継いで一気に検索エンジンの上位に来るようにしたいという場合、多少初期費用がかかっても良ければ中古ドメインで成功する場合もあります。

人気記事一覧